« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月 9日 (水)

[2013/09/29]ネギ丸かじり!大内宿ツー

みなさまこんばんは。遅くなりましたが、9月のツーレポアップです。
今回は6名の参加者で、天候にも恵まれました。
滝川さん、田中さん、本田さん、監督、ゴンタさん(幹事)、ヒラタ(幹事)です。
ツーレポは不肖ヒラタがお届けいたします。

それでは早速出発!

Dsc_2577
朝七時半の蓮田SA。すでにバイクで溢れています。
絶好のツーリング日和ですからね~。

ところでなんと、ここで奇跡が起きました。
驚くなかれ!集合時間に全員集合している。

八時だよ、全員集合!
どころか

八時だよ、全員出発!

再先が良すぎてこの先何事もないように祈るばかりです。
道も順調です。
休憩の那須高原SAで集合写真をパチリ。
Imgp3652_large
どうですか、この余裕の表情!

この後白河ICで高速を降りましたが、出口で滝川さんがガス欠を起こしたことは
ココだけの秘密です。

途中、秘湯ともいうべき甲子温泉に立ち寄ります。
朝ブロですよ、朝ブロ!
思わず小原庄助さんも身上潰すって話ですよ!

ちなみに「甲子」は「かし」と読むそうです。

Imgp3655_large_2
どうです、この秘湯っぷり。この時点で期待最大値。

怪しげな階段を下りて行きます。
10_large

更に降りて行きます。外に出ました。
P1000281_large

そして、ど~ん!!
P1000283_large
スンマセン。この画像だけ何故かセンターに寄ってしましました…。

程良いヌルさが、バイカーを湯船の底に引きずり込もうとしますが、
ここでまったりし続けるわけにもいきません。
思わず本日の目的を忘れてしまいそうになりました。

朝っ風呂も気持ち良く浸かった所で再びバイクにまたがって…、と。

P1000296_large
こんな橋を渡って…

Imgp3673_large
こんなトンネルをくぐって…

18_detail
トンネルをくぐって…

国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった。
もとい、ドッピーカンでした!
P1000303_large

気持ちのいいワインディングやちょっとした峠道を超えて
あっという間に着きました、大内宿。
本日の昼食はこちらで頂きます。
P1000325_large
蕎麦屋ですが、名前はコメヤ。

そして全員がネギそば大盛りを迷わず注文し、
Imgp3682_large
やってきました。ネギそば。
まんまです!
ぶっといネギがど~んと存在感を醸し出しています。
薬味は梅干し、大根おろし、海苔。
ネギは丸かじりで食べます。
正式にはネギでそばをすくいなが食べるそうです。
周りを見回すと、老若男女すべからくネギ箸にチャレンジしてます!

当然10knotも!
Imgp3685_large 食う男1
P1000316_large 食う男2(左側)
P1000315_large 食う男3
P1000317_large 食う男4
P1000320_large 食う男5
P1000319_large 食う男6

御馳走様でした!
P1000321_large

さて、腹がくちくなったところで、大内宿の散策です。
……ん?
P1000328_large 89_detail
更に食う男たち。

この二人が持つとマッチ棒みたいに見えますね…。

見晴らしのいい所まで行って、集合写真。
P1000344e_large


重くなった腹と眠くなった目をこすりながら
一行が次に目指したのが、
塔のへつり
へつりは「岪」と書くそうです。ちゃんとブラウザで表示されるでしょうか?
山カンムリに弗(ドル)です。

塔のへつりはこんな所。
Dscn1050_large 108_detail
橋を渡ってちょっとした崖っぷちを歩いて行けます。
昔はもっと先まで行けたのですが、今は30メートル位で行き止まりになっています。
橋の上まで上がって行けて、そこから下を除くと奈落の底に落ちるよう。

崖の上にいる監督、見えますか?
40_large
監督と滝川さんが何やらモゾモゾやっていましたが
反対側から見ているとまるで、
火曜サスペンス劇場の犯人告白タイム!
のような感じでした。

それから来た道を引き返し、白河ICから高速に乗り、
那須高原SAで解散、と相成りました。
Dscn1067_large
大きなトラブルもなく、約500キロの長旅でしたが、
皆さまお疲れ様でした~!
帰りは首都高の合流でちょっと渋滞に巻き込まれたりしましたが、
皆さま7時頃には帰宅できたようです。

おまけ:
やっぱこれがなくちゃね!
P1000385_large

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »